トップページ > ゼロエネルギー住宅

ゼロエネルギー住宅とは

「ゼロエネルギー住宅」とは、住まいにおける冷暖房、給湯、照明といった消費エネルギーを、高い断熱性能や省エネ機能を備えた製品で削減するとともに、太陽光発電などの創エネ機器によって家庭でのエネルギー消費をプラスマイナスゼロにする、未来型住宅です。
当社では、快適性・健康的・安心性・耐久性などのメリットが多く、しかも経済的な「ゼロエネルギー住宅」が、今後の住宅の主流になると考えています。

ゼロエネルギー住宅説明図

「ゼロエネルギー住宅」となるためには、今までの住宅よりもエネルギー消費量をはるかに少なくする必要がありますが、そのためには、以下の3点がポイントになります。

ゼロエネルギー住宅説明図

それぞれ詳しくご紹介していきます。

パッシブデザイン

パッシブデザインとは、アクティブな設備機器をなるべく使わずに、建物を高気密高断熱にすることと、光や風などの自然エネルギーを利用することによって、快適な室内環境を作り出す設計手法のことです。これによって、【冷暖房】と【照明】に使うエネルギーを削減します。

当社のある神奈川県では、真冬の場合、断熱性能Q値(※)を1.3〜1.5程度まで高めると、晴れた日の日射熱と人体・家電等の室内で発生する熱で、無暖房で快適に過ごせるとされています。

しかし、真夏の昼間の場合は、どうしてもエアコン等が必須となり、日射遮蔽などでどれだけ負荷を減らせるかがパッシブデザインのポイントになります。その他の季節は、日射量と、窓の開閉による通風量を調節することにより、エアコン等を使わずに快適になるようにします。

以上のことから、建物の部位で一番熱損失が大きい「窓」の役割が非常に重要になります。

※ Q値=熱損失係数。住宅の断熱性能を数値的に表したもの。値が小さいほど断熱性能が高いことを表します。神奈川県では、Q値が2.7以下で次世代省エネ基準を満たします。

1.高性能サッシ+ガラスに交換する

・新築住宅におすすめ
 LIXIL SAMOS Ⅱ-H(アルミ樹脂複合サッシ)+Low-Eペアガラス
 YKKAP APW330(樹脂サッシ)+真空トリプルガラス
・既築住宅におすすめ
 LIXIL インプラス(断熱内窓)

インプラス

2.冬の日射取得、夏の日射遮蔽をコントロールできるようにする

・南面は、冬の日射取得、夏の日射遮蔽に適した出幅の軒や庇を設置する。
・南面の窓は、太陽光を採り入れるためにもなるべく大きくする。
・庭に落葉樹を上手く配置することも効果的。
・東西面は、日射調整ができるよう外付けブラインド等を設置する。

日射遮蔽と利用

3.外部が快適な時に、積極的に通風できるような窓種を選択・配置する

・居室は、通風量が増えるように、なるべく2面に窓を設置する。
・東西面は、直角に開く縦すべり出し窓等を採用すると、通風量が増える。
・普段人がいない北面まわりは、開けた時の防犯にも配慮した窓にする。

窓

ワイジーオーでは、「窓」のプロとして、お客様のご要望やご自宅の立地等を考慮した、最適な窓を提案いたします。

▲ページトップに戻る


省エネ設備機器

家庭で消費されるエネルギーには、【冷暖房】【給湯】【調理】【照明】【家電】などがありますが、どの設備機器も最新の製品に替えるだけで、かなりの省エネになります。また、省エネ性能以外にも様々なメリットがある機種が多く発売されています。以下に代表的な製品をご紹介します。

エアコン【エアコン】 冷暖房費用削減
エアコンの省エネ性能はAPF(通年エネルギー消費効率)で表示されます。冷房能力2.8kW(10畳程度)以下のエアコンの目標値はAPF=5.8なので、6.0以上であればかなり高性能です。
さらに、人を感知して温度・風向・風量をコントロールする節電機能や、自動お掃除やイオンミストなどのクリーン機能を持ったエアコンがラインナップされています。


エコキュート【エコキュート】 給湯費用削減
エコキュートとは、大気熱を利用した高効率な給湯器で、かつ、割安な夜間電力を利用するので給湯コストを大幅に削減できます。湯質も良く、追い炊きや湯量調節もおまかせで便利です。また、断水時には非常用水にもなり、いざという時にも安心です。



IHクッキングヒーター【IHクッキングヒーター】 調理費用削減
IHの特徴は、熱効率が高く経済的なことと、火力コントロールがきめ細かく、いろいろな料理に対応できることです。焼き物や揚げ物の温度調節など、便利な機能も付いています。また、火を使わないのでお子様やお年寄りにも安心です。



LED照明【LED電球】 照明費用削減
LEDは、消費電力は少ないですが高価格なのがネックでした。しかし最近では価格もかなり安くなり、新築では圧倒的に採用率が高まっています。さらに、人感センサーや部屋の明るさに合わせての自動調光など、省エネ性が高い製品が発売されています。LEDは長寿命でもあり、メンテナンス性も優れています。


省エネ家電【各種省エネ家電】
テレビ
テレビの省エネ性能は、年間消費電力量(kWh/年)で表示されます。昔のブラウン管テレビから液晶テレビに替えるだけで約70%の削減。最近では、例えば32V型テレビの目標値は70kWh/年ですが、達成率200%以上のテレビも発売されています。

電気冷蔵庫
電気冷蔵庫の省エネ性能も、年間消費電力量(kWh/年)で表示されます。やはり省エネ化は進んでおり、10年前と比べると約65%削減されています。特に501リットル以上の大型のものは、性能が高いモデルが多く、200kWh/年で達成率289%という冷蔵庫も発売されています。

その他にも、省エネ機器は多種ありますので、詳しくは弊社までお問い合わせ下さい。

▲ページトップに戻る


スマートハウス

スマートハウスとは、HEMS(家庭用エネルギー管理システム)やスマートメーター(通信機能を持たせた次世代電力量計)で自動的に設備を制御し、賢く省エネ化を図るのがコンセプト。通常、太陽光発電や蓄電池・V2Hシステムとセットでスマートハウスと呼んでいます。

HEMS【HEMS】
Home Energy Management System(ホームエネルギーマネジメントシステム)の略。自動制御で省エネ化を図るのはまだコンセプト段階です。現在のHEMSの主流は、電力の「見える化」。家庭内の個々の消費電力を把握して、自らムダをなくすことにより、快適に暮らしながら電気代を削減していきます。


蓄電池【蓄電システム】
家の電気を貯めることができ、貯めた電気を必要な時に使用することができるシステム。 停電時・非常時でも電力を使用したり、電気代が安価な深夜電力を貯め、それを昼間使用することによって電気代を削減することができます。


太陽光発電システム【太陽光発電システム】
ゼロエネルギー住宅のメイン!
太陽光発電システムについてはこちら


ゼロエネルギー達成には、これらが欠かせない要素となりますが、現実には、エネルギーベースで達成状況を数値化するのはかなり難しくなります。
まずは、達成状況が簡単にわかる金額ベースの「光熱費ゼロ」にチャレンジしましょう!
※光熱費ゼロ=1年間に消費した電気・ガス等の光熱費 ≦ 太陽光発電の年間売電金額

参考
※経済産業省『ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業』はこちら
※国土交通省『住宅のゼロ・エネルギー化推進事業』はこちら

電話番号0463-31-9009
ご不明な点がございましたら、まずはお気軽にご相談下さい。 →フォームでのお問い合わせ


▲ページトップに戻る